· 

週末の柳ヶ瀬の様子

約二週間ぶりに柳ヶ瀬に街の様子を見がてらお酒を飲みに行ってきました。

 

週末だけあって、人通りもまずまず。

 

まずは、1軒目。

 

数年前からちょくちょく行くお店。

 

もちろん、チェーン店などでは無く、店主が一人で切り盛りしている小料理屋さんです。

 

頑固一徹というタイプの職人気質の店主さんです。

 

地方創生について、ここでも熱い話になりました。

 

政治に何を期待するか、お題目も大事だがそれだけじゃないと。

 

具体的に何をするのか?数年先、数十年先も大事だが、まずは来月、この一年を乗り切ることが大事だと。

 

毎年、昔からやっている小料理屋が潰れて行く、副業をしながらお店を切り盛りする店主もいるのだ、と。

 

それだけ、今は個人事業のお店はきついんだと。

 

そんな実情を、聞かせていただきました。

 

岐阜経済の屋台骨を支える中小零細企業。

 

儲かっているお店は確かに一定数ある、実際に二軒目に行ったお店も個人店だがお客さんで満員だった。

 

だけど、儲かってないお店の店主は来月の生活費すら不安にならないといけない。

 

もちろん、個々の営業努力は大切。

 

だけど、それだけでは解決出来ない問題、格差が実際にある。

 

それをどうやって解決して行くのか、、、、。

 

その具体策。

 

色々と考えさせられた一晩でした。